債務整理ガイド » 大阪府 » 三島郡

三島郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

三島郡で、借金返済に困り果てている方々をサポートしている弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

サラ金などの借金の支払いに窮している方に対して、債務整理によってバックアップしている三島郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して三島郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(三島郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(三島郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(三島郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
三島郡の地図

三島郡にある弁護士事務所

弁護士相談(社会福祉法人 島本町社会福祉協議会)

債務整理の無料相談 〇(30分)
所在地 三島郡島本町桜井3丁目4番1号
MAP
営業時間 毎月第2・3・4木曜13:00-16:00(木曜が祝日の場合は休み)
電話 075-962-5417
電車アクセス 東海道・山陽本線 島本駅

三島郡にある当所では、弁護士が債務整理その他の法律問題の悩み相談を受けています。

「新型コロナウイルス感染症の影響で、所得が減ったり、失業をしたために、自動車ローンや住宅ローンなどの長期ローンの支払いが困難となった」、「不況が長引いているために収入が低下してしまい、貸金業者から借りたお金の返済ができなくなった」、「物欲が強いためにクレジットカードを使って、買い物を続けた結果、借入残高が膨らんでしまい、その借金の支払いに行き詰まってしまった」といった方々には、弁護士は事情の聞き取りをするために借金相談をしてから、個別具体的な債務整理の対応策を案内しています。

三島郡の当所で法律相談を受けるには、当所に平日の午前9時から午後5時30分までの間に電話をしていただき予約をする必要があります。 なお、各相談日につき、先着6名までとしているので、相談を希望される方は早めに予約の申し込みをされるようにお願いします。

三島郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、三島郡内の島本町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

三島郡で債務整理をする際の関連機関

三島郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

債務整理に至った理由は、生活費を補うために借金を繰り返したため

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 アルバイト 37歳(女性)
自己破産での債務整理

私は三島郡に住んでいる30代の女性です。

私は縁が無かったので、現在でも独身で過ごしています。

私が借金を重ねてしまった理由は、新型コロナによって、職を失ってしまったためです。

それまで、私は三島郡にある居酒屋で正社員として勤めていました。

ですが、新型コロナによって客が大幅に減ったことで店の売り上げが激減をしてしまい、居酒屋を経営していたオーナーが居酒屋を廃業してしまいました。

私は職を失ったので、すぐに三島郡にあるハローワークに通い詰めて、次の仕事先を探しました。

ですが、新型コロナの騒動中だったので、求人は極端に減っていました。

そのため、私は正社員の仕事に就くことはできませんでした。

かといって、働かないと無収入となってしまうので、私はとりあえずアルバイトをやることにしました。

幸いなことに、私はハローワークに行って、そこにあった求人の飲食業アルバイトに応募をしてみたら、採用をしてもらうことができました。

それ以降は、私はアルバイトで生計を立てていました。

私がアルバイトで月に稼ぐことができていた金額は、せいぜい10万円程度でした。

また、アルバイトは正社員ではないので、夏や冬に支給されるボーナスはありませんでした。

私は、三島郡で賃貸アパートに住んでいるのですが、低収入となったことで、家賃の支払い負担が大きくなってしまいました。

私なりに食費を削ったりして節約をしたのですが、それでも生活費が不足するようになってしまい、私は金策を考えなければならなくなりました。

私はアルバイトの給料の振込先銀行で、銀行ローンカードを発行していることを知っていたので、ダメ元で銀行ローンカードに申し込みをしてみました。

すると、私は銀行ローンカードの審査に通過することができました。

銀行ローンカードの融資枠は20万円と低額でしたが、それでも、私にとってはとてもありがたかったです。

その後、私は金欠状態となるたびに、銀行ローンカードで借り入れをしていました。

銀行カードローンを使って、借り入れと返済を繰り返しているうちに、少しづつ私の借入総額は増えてしまい、しまいには融資枠の20万円を使い切ってしまいました。

私は、銀行ローンカードの借金返済のお金も用意しなければならなかったので、三島郡にあった消費者金融業者にも借り入れの申し込みをしました。

消費者金融業者の審査は無事に通過して、私は専用のキャッシングカードを発行してもらうことができました。

私はその後、そのキャッシングカードを使って、生活費の補填と銀行カードローンへの借金返済のためのお金を用立てていました。

そのようなことを続けた結果、私の借金総額はゆうに100万円を超えてしまい、銀行カードローンの借金返済だけでなく、消費者金融から借りたお金の支払いにも困るようになりました。

私は借金返済を遅滞するようになってしまい、その結果、借入先の貸金業者から取り立ての連絡を受けるようになりました。

私は困り果ててしまい、自分の抱えた借金問題の解決策を模索しました。

色々と調べているうちに、三島郡で弁護士相談を実施しているところがあることが分かりました。

私は意を決して、弁護士相談を受けるために、まずは相談を受けるための予約を電話で入れました。

その後、私は弁護士による借金相談に挑んだのですが、前もって自分自身の借り入れ状況を整理したメモ書きを作っておき持参したので、相談の際には、そのメモに従って自分の借り入れ状況を正確に弁護士に伝えることができました。

私は三島郡の弁護士と30分弱話し合いをした結果、自己破産という手法を使って私の借金を債務整理することに決まりました。

自己破産に決めた理由は、自己破産で債務整理を実施すれば、借金は帳消しになるので、借金返済の不安から完全に解放されることができるからです。

その後、三島郡の弁護士が自己破産の措置を実施してくれて、約1年掛かって、債務整理の手続きを進めてくれました。

三島郡の弁護士が進めてくれた自己破産の措置は、最終的には問題なく完了して、私の借金は裁判所による判断によって、免除を受けることができました。

私は債務整理に取り組んだことで、自己破産によって自分が抱えていた借金をゼロにできました。

私は債務整理が完了した後、三島郡にある私が住んでいる町の行政に行って、生活保護の申請をしました。

私は生活保護の申請を無事にパスすることができ、現在、アルバイトだけでは不足する生活費分の補填を生活保護費によって賄うことができています。

今は、また新型コロナが猛威を振るっている状況なので、正社員の仕事を見つけるのは厳しいですが、私は早期に正社員の仕事について、生活保護の生活から抜け出すようにしたいと考えています。

お店の経営がうまくいかず、特定調停で債務整理

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 小売店経営 29歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は、三島郡で生まれ育ちました。

僕の最終学歴は高卒で、高校も三島郡にある高校を卒業しています。

僕は高校を卒業した後、フリーターとしてアルバイトを転々としました。

僕はいつか自分のお店を持ちたいと思っていたので、アルバイト中は無駄遣いをせずにコツコツとお金をためていました。

そして、アルバイト生活をし続けて、約8年が経過した時に、僕は、三島郡で店舗を借りて、今までのアルバイト経営を生かして、青果店を開くことにしました。

日本の果物は高い価格でも売れるので、青果店なら生計を立てるだけの利益を稼げるだろうと判断をしたからです。

その後、僕は青果店を開いて、経営に乗り出しました。

僕はお店の近所にビラを配ったりして、自分のお店の宣伝をしたのですが、お客はなかなか増えませんでした。

僕はお店を開くにあたって、地元の三島郡の信用金庫から運営資金として約200万円のお金を借りていました。

自分のお店のその時の利益では、自分が生活をするので精一杯で、信用金庫から借りたお金の返済は利息分をなんとか支払っているという状態でした。

青果店の経営に乗り出して、1年が経過した時に、今後、売り上げが劇的に増えるような見込みが無かったので、僕は信用金庫の借金を何とかしなければならないと思いました。

僕は、三島郡で借金相談をすることができるところはないかと、役所に相談をしたところ、民間の非営利団体で弁護士相談を行っているので、そこに相談をしてみてはどうかとのアドバイスをもらうことができました。

僕は、役所に勧められた民間の非営利団体に連絡を取った後に、そちらに出向いて、借金相談を受けました。

僕の相談相手は弁護士の方だったのですが、債務整理にも精通をしているとのことだったので、安心して自分の借金について相談をすることができました。

弁護士からはお店を廃業するなら自己破産を、そしてお店を続けるつもりなら特定調停で債務整理をするのが適切との助言をもらいました。

僕のお店は、なんとか自分の生計を立てるだけの利益は出ていたので、僕はお店を続けたいと考えていました。

そこで、僕は信用金庫の借金の債務整理を特定調停で行うことにしました。

借金相談を終えた後、僕は弁護士のバックアップを受けながら特定調停で債務整理の手続きを行っていきました。

僕は、債権者である信用金庫と話し合いをするために、三島郡にある簡易裁判所に出廷をしたのですが、そこでは裁判所で選出された調停委員が僕と信用金庫の仲裁をしてくれたので、僕は信用金庫と今後の借金の返済方法について和解をすることができました。

特定調停で債務整理を実施した結果、僕の負債は「今後は無利息となり」、また、「支払い完了までの期間を3年間引き延ばす」ことができました。

特定調停をしたことで、毎月の借金返済の支払い負担が軽くなり、完済するまでの道筋を明確にすることができました。

僕は今後、借金返済を続けていくことと、お店の売り上げを少しでも増やすことができるように尽力をしたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

三島郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

三島郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。