債務整理ガイド » 北海道 » 積丹郡 » 積丹町

積丹町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

積丹の町章 積丹郡積丹町で、借金苦にあえいでいる債務者を助けることができる、弁護士と司法書士の法律事務所の一覧リストです。

多額のお金を金融機関から借りたが、その借金返済に行き詰まってしまった方々に債務整理を実施している積丹町の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して積丹町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(積丹町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(積丹町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
積丹町の地図

積丹町にある弁護士事務所

北後志ちいき法律相談センター(積丹町)

債務整理の無料相談
所在地 積丹町大字美国町字大沢三百 積丹町エイジングステーション
MAP
北後志ちいき法律相談センター(積丹町)
営業時間 毎月一回開催15:30-16:30
電話 0135-44-3571
電車アクセス

積丹町には弁護士がいないため、積丹町外から月1回のペースで弁護士が来町をすることで、実施されている法律相談会です。

「個人で事業を行っているが、取引先が銀行から融資を受ける際に、頼まれて保証債務を請け負ったが、その後、その取引先が倒産をしたために、銀行から借入金の返済を迫られて困っている」、「生活費や遊興費の支払いにクレジットカードを使っていたが、借入総額が多額となってしまい、カードの支払いを続けられなくなった」、「新型コロナや不景気などが原因で、職を失ったために、住宅ローンなどの借金返済を継続することが困難となった」といった金銭問題で、崖っぷちに立たされている方々には、借金相談で悩みの内容を聞いてから、ベストな債務整理の措置を行っています

なお、弁護士には顧客から得た情報の秘密を厳守することが、法律によって義務付けされています。

このため、積丹町の当所で借金相談を受ける際には、相談者は弁護士に話す内容が外部に漏れてしまうことを気にすることなく、ありのままの事実を弁護士に伝えることができます。

借金相談の際に、弁護士にありのままの真実を伝えることで、状況にあった的確な債務整理の手立てを受けることができます

積丹町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、積丹郡積丹町内の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

積丹町で債務整理をする際の関連機関

積丹町役場
積丹町大字美国町字船澗48-5

積丹町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

家を購入したが返済に行き詰ってしまい、債務整理を実施した

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 漁業関係 41歳(男性)
自己破産での債務整理

僕と僕の家族は積丹町に住んでいます。

僕は、今から15年ほど前に結婚をしたのですが、結婚をしてから暫くした後に、積丹町にある信用金庫から住宅ローンで融資を受けて、一戸建ての家を建てました。

当時、妻と話し合った結果、賃貸アパートで家賃の支払いを毎月するより、自分の家を建てて住宅ローンの支払いをした方が、最終的には資産が残るのではとの結論に至ったからです。

当時の僕は若かったので、それほど所得は多くありませんでした。

そのため、家を建てる際には、頭金をほとんど用意することができず、土地の購入費と家の建築費用のほぼ全てを住宅ローンで借り入れしたお金で用立てしました。

僕は家を建てた後は、必死になって働き、家族を養いつつ、毎月、住宅ローンの支払いをしていました。

そんな時に、僕は不景気の影響によって、収入が減ってしまいました。

我が家は、住宅ローンの支払いをすると、ぎりぎりという生活を送っていました。

借金返済に困るようになってしまった

収入が減ったために、借金返済をすることができなくなり、僕は困り果ててしまいました

住宅ローンの支払いができなくなると、僕の家には借り入れをした信用金庫によって抵当権が設定をされていたので、家を取り上げられてしまう可能性がありました。

僕は家を守りたかったので、仕方なく、住宅ローンの支払いを続けるために、積丹町の近郊にあった消費者金融業者から何度も借り入れを繰り返してしまいました。

住宅ローンの借金返済をするために、新たに消費者金融でお金を借りるという愚策を取ってしまった結果、僕はより一層多くの借金を抱え込んでしまうことになりました。

そして、僕は消費者金融業者から借りたお金の支払いに困るようになりました。

僕は、債権者である信用金庫と消費者金融業者から取り立てを受けるようになったため、精神的に参ってしまいました

このままだと、状況は悪くなる一方だったので、僕は自分の借金問題を解決するために債務整理に取り組むことにしました。

債務整理の相談をするために弁護士相談を受けた

僕は借金問題の解決策について、色々と調査をしてみた結果、積丹町の役所で弁護士による法律相談が毎月1回、実施されていることが分かりました。

そこで、僕は事前に相談の予約をしてから、その法律相談を受けてみました。

僕は、弁護士に相談をするときに、正確に自分の事情を伝えることができるように、あらかじめ自分の負債と所得、そして保有資産に関する事柄を整理して紙に書き留めました。

そして、その紙を持参して、法律相談に臨みました

僕は弁護士に借金相談をしたのですが、その結果、借金総額が大きすぎるので、債務整理のやり方は自己破産をした方が良いということになりました。

自己破産をすると家を失うことになりますが、借金をゼロにできるので、僕は苦渋の決断で、自己破産で債務整理をすることにしました。

自己破産の措置は、弁護士が自分になり代わって実施してくれることになりました。

弁護士に債務整理の仕事を任せてから、ちょうど1年が経とうとしていた時に、弁護士から「裁判所で、僕の債務の免責が認めてもらえた」との連絡をもらうことができました。

債務整理手続き中に、僕は今まで住んでいた家を引き払って、賃貸マンションに引っ越すことになりましたが、特に不自由のない生活を送ることができています。

我が家は、住宅ローンの支払いをしなくて済むようになったので、今では生活に余裕ができて、毎月少しづつ貯金ができるようになりました。

無理のある住宅ローンを組んでしまった結果、僕は債務整理をする羽目になったので、今後ローンを組む際は、十分に余裕のある返済計画を立てるようにしたいと考えています。

生活費が足りなくて、借り入れを何度も行った結果、債務整理をすることに

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 契約社員 30歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は、積丹町に住んでいて、近郊にある建築関係の会社で働いています。

僕が働いている会社は零細企業で、主に建築関係の孫請けの仕事をやっていました。

建築関係の仕事は、景気の影響を受けやすく、好景気の時は羽振りが良くなりますが、不況の時は収入が大幅に減ってしまいました

特に酷かったのがリーマンショックの時でした。

リーマンショックが起こったときは、世界的な不況となってしまい、日本国内も大不況にさらされました。

建築関係の仕事は大激減してしまい、収入が大きく減ったために、僕は生活費に困るようになりました

生活費不足からサラ金で借り入れをするようになった

そんな時に、生活費の不足分を補うために、僕は積丹町のそばに設置してあった、サラリーマン金融の無人契約機でお金を借りてしまいました。

借り初めの最初の頃は、最低限だけのお金を借りていたのですが、借りることに慣れてくると、生活に余裕があった方が良いと考えて、必要以上に多めに借り入れをするようになりました。

その結果、僕のサラ金の借金は、少しづつ増えていきました

借金総額が少なかった時には元金に付く利息はあまり気にならなかったのですが、借金が増えた結果、元金に付く利息の金額が高額になってしまい、借金返済の負担が増えてしまいました。

僕は、すぐに景気は良くなるだろうと、自分勝手な妄想によって、お金を借り続けたのですが、リーマンショック後の景気はなかなか良くなりませんでした。

その結果、僕はサラ金から借りたお金の返済ができなくなってしまい、サラ金の債権回収担当者から借金の返済を請求されてしまいました。

僕は借金を返せる目途が付かなかったので、困ってしまいました。

かといって、このまま自分の借金問題を放置すると、状況が悪化してしまうことは目に見えていたので、僕は真剣に自分が抱えている借金の対策をすることにしました。

僕は自分が持っていた携帯電話に備わっていたインターネット機能を使って、借金問題を解決するための方法について調べてみました。

すると、借金問題を解決するためには債務整理を実施すれば良いことを知ることができました。

そして、債務整理を確実に行うためには、債務整理を取り扱っている弁護士に借金相談をすれば良いことも分かりました。

そこで、僕は自分が住んでいる積丹町で債務整理を扱っている弁護士を探しました。

探した結果、積丹町には弁護士が一人もいないということが分かりました。

弁護士による法律相談で、債務整理について相談をしてみた

僕は、積丹町外にある債務整理を扱っている法律事務所に相談をしようかと思ったのですが、よくよく調べてみると毎月1回、弁護士が積丹町にやって来て法律相談を行っていることが分かりました。

その法律相談では、債務整理に関する相談も受けていました。

そこで僕は、事前に相談の約束を入れてから、積丹町で実施されている弁護士法律相談を受けてみました

弁護士との面談では、まず初めに僕が自分の負債と収入に関する説明を行いました。

そして、僕の話を聞いた弁護士は、僕に債務整理方法として、特定調停の実施を勧めてきました。

特定調停だと、リーズナブルな費用で債務整理を実現することができるとのことでした。

僕はお金がない状態だったので、債務整理費用を抑えることができる特定調停で債務整理を行うことに決めました

その後、僕は話し合いをした弁護士のバックアップを受けながら特定調停によって債務整理の手続きを進めていきました。

債務整理の手続きが完了して、返済負担の軽減に成功した

積丹町を管轄している簡易裁判所に、特定調停の申し立てを行ってから約4ヵ月が経った時に、手続きが終わりました。

そして、特定調停を実施した成果として、僕が借りているお金の貸付金利を今後は0%にしてもらうことができました。

要するに、無利息融資になったので、今後は利息が一切付かなくなったということです。

月々の借金返済で、利息の負担がなくなったので、僕は債務整理を行った後は、借金返済を続けられるようになりました。

僕は景気の影響を受けやすい業界にいるので、給料の水準が元に戻り、かつ今の借金を全て返し終えたら、万一の事態に備えて節約に努め、貯金をするようにしたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

積丹町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

積丹郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

北海道
積丹郡(   積丹町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。