債務整理ガイド » 北海道 » 白老郡 » 白老町

白老町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

白老の町章 白老郡白老町に在籍をしている弁護士と司法書士で、借金問題の悩みを解消できる法律事務所のリストです。

銀行や信販会社、サラ金などの金融機関から借り入れをしたが、その借金返済に行き詰まったという方々に対して、債務整理を施すことができる白老町の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して白老町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(白老町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(白老町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(白老町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
白老町の地図

白老町にある弁護士事務所

白老ちいき法律相談センター

債務整理の無料相談
所在地 白老町東町四丁目六番七号 白老町総合福祉センター
MAP
白老ちいき法律相談センター
営業時間 毎週木曜13:30-15:30
電話 0144-82-2121
電車アクセス 室蘭本線・北斗 白老駅

幅広い法律問題の悩み解消に取り組んでいる、白老町の弁護士法律相談です。

白老町の当所では、弁護士は悩みを抱えている相談者に寄り添い、親身になって法的に問題を解決するための方法を模索したうえで、ベストなアドバイスを提供しています。

「飲みに行くという夜遊びを繰り返していたが、そのためにクレジットカードの借金総額が高額となってしまい、月々の借金の支払いが困難となった」、「脱サラをして個人事業を始めたが失敗をしてしまったため、銀行から借り入れをした事業資金の返済ができなくなったので、債務整理を行いたい」、「新生活を送るために引越し費用や家財道具の購入費が必要となったが、これらの費用を銀行カードローンを使って調達した結果、お金を借りすぎたために毎月の借金返済に苦労をしている」といったお金のことで崖っぷちに立たされている方々には、借金相談をしてから各事案にぴったりとマッチした負債を整理するための措置を行っています。

白老町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、白老郡白老町内の白老駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

白老町で債務整理をする際の関連機関

白老町役場
白老町大町1-1-1

白老町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

クレジットカードを滞納させてしまい、債務整理で問題を解決

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 飲食店スタッフ 27歳(女性)
特定調停での債務整理

私は白老町にある飲食店でホールスタッフとして働いています。

私の趣味は旅行なので、仕事が休みの時は近くの観光地やグルメのためのドライブを楽しみ、そして長期連休が取れるときは飛行機を使って、遠方へ旅行をしていました。

私は、日頃の支払いにクレジットカードを使っていました。

ですから、旅行の際も、ガソリン代やホテルや旅館の宿泊費、飛行機のチケット代、旅先での食事代などの支払いは可能な限りクレジットカードを使っていました。

私は最初はクレジットカードを1枚しか持っていなかったのですが、その後、マイルをためることができるクレジットカードが欲しかったので、マイルをためることができるクレジットカードをもう1枚作成をしました。

クレジットカードの支払い方法には、主に一括払い、分割払い、リボ払いがあるのですが、私はほとんどの場合、リボ払いで支払いをしていました。

リボ払いにしておけば、毎月の支払額を少額に抑えることができたからです。

ですが、私はクレジットカードで決済をするたびに、リボ払いで払い続けた結果、クレジットカードの利用額が毎月の支払額を超えていたので、クレジットカードの借入残高が膨らんでしまいました。

私は、月々の支払額を増やした方が良いと考えて、クレジットカードの支払い方法をリボ払いから分割払いに変更しました。

その結果、クレジットカードの借入残高を減らすことができるようにはなったのですが、今度は月々の借金返済が厳しくなってしまいました。

そして、私はたびたびクレジットカードの返済を滞納するようになりました。

滞納をしてしまうと、遅延損害金として、借入元本に高額な利息がつけられてしまいました。

その結果、借入残高が増えてしまうという結果になりました。

私は、このままだと借金生活からいつまでたっても抜け出せないと感じたので、債務整理を行いたいと思いました。

債務整理を実現するには、弁護士などの法律のプロに借金相談をすればよいことは、法律事務所のテレビCMを見て、知っていました。

そこで、私は白老町で弁護士に借金相談ができる場所があるかを調べてみました。

すると、白老町の行政で、月に2回の頻度で弁護士による法律相談会が開催されていることが分かりました。

そこに確認をしてみると、借金の相談もできるとのことだったので、私は相談のアポを入れました。

そして、後日、自分自身の借金や給料に関する資料を持参したうえで、借金相談に臨みました。

私は、白老町の弁護士に持参した資料を見せつつ、自分の置かれている状況を説明しました。

その後、私は白老町の弁護士から「特定調停で債務整理を行っては」との提案を受けました。

特定調停だと、債務整理の手続きに掛かる料金を抑えることができるとの話でした。

私は債務整理を希望しているぐらいなので、手元にお金がありませんでした。

ですから、できるだけお金を掛けずに債務整理を実現したかったので、白老町の弁護士から言われた特定調停で債務整理を行うことにしました。

特定調停の手続きの最中に、私は裁判所に出廷をしたのですが、白老町の弁護士から事前に裁判所内で行わなければならないことの説明を受けていたことと、裁判所の事務員と調停委員が手続きの手助けをしてくれたので、裁判所内の手続きをスムーズに行うことができました。

特定調停による債務整理を終えた結果、私は2社の債権者から、借金に付く将来の利息金を全てカットしてもらえることができました。

また、借金の返済期間は5年という長期にすることもできました。

このため、私は債務整理を行ったことで、毎月、問題なく支払いを続けていくことができるようになりました。

私は今回、クレジットカードの使いすぎで、債務整理になるという痛い目をみたので、今後はクレジットカードを封印して、支払いは使いすぎたことが分かりやすい現金で行うように改めました。

2回目の自己破産による債務整理を認めてもらうことができた

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 会社員 54歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は、白老町にある運送関係の会社に勤めています。

僕が最初に借金を重ねてしまった理由は、浪費をしてしまったためです。

僕の地元は白老町なので、僕には多くの友達がいます。

当時は、僕は若かったので、まだ結婚をしていませんでした。

そのため、仕事が終わった後に友達と会って、飲みに行ったり、仕事が休みの日には友達とボーリングやビリヤード、カラオケなどへと出掛けていました。

僕は遊興費や交際費にお金を使いすぎた結果、生活費が足りなくなってしまい、白老町の近郊にあった知名度のあるサラリーマン金融で借り入れをしました。

最初は1回だけと思って借りたお金でしたが、拍子抜けするぐらい簡単にお金を借りることができたので、僕はその後、何度もお金を借りてしまいました。

僕はその後、最初に借りたサラ金への借金返済が厳しくなってしまったので、その時に白老町の近くにあった別の有名なサラリーマン金融でお金を借りて、借金の支払いをしてしまいました。

サラ金へ借金返済をすることを目的として、別のサラ金から融資を受けるという、借金返済の自転車操業を行った結果、僕は借金まみれとなってしまいました。

僕は多くのサラ金業者から督促を受ける事態となっていたので、自分の抱えている借金を減らす方法を模索しました。

その結果、仕事として債務整理を行っている弁護士に債務整理の手続きを依頼すれば良いことが分かりました。

僕は自分が住んでいる白老町で弁護士が運営をする法律事務所を探したのですが、残念ながらありませんでした。

そこで、僕は白老町の役場に相談をしてみたのですが、すると役場では定期的に弁護士による法律相談を実施していて、そこで借金相談ができることを教えてもらえました。

そこで、僕は白老町の役場で行っている法律相談を受けてみました。

相談相手は弁護士だったのですが、負債総額が高額だったことから、弁護士からは自己破産を行うことを推奨されました。

弁護士からは僕の借金の原因は浪費なので、本当なら破産法で決められている自己破産を認めない免責不許可事由に該当してしまうが、僕の場合は今回が初めての自己破産になるので、裁判官の判断による情状酌量によって、自己破産を認めてもらうことができるだろうとのことでした。

そこで、僕は弁護士のバックアップを受けながら、自己破産を実施することにしました。

白老町を管轄している裁判所に破産申し立てを行ったのですが、無事に申し立てを受理してもらうことができ、その後に裁判所で僕の負債の免責決定を受けることができました。

その結果、僕はサラ金に抱えていた借金を全て消滅させることができ、僕は経済的な立て直しをすることができました。

僕が自己破産で債務整理を実施してから、約20年が過ぎました。

この時に、僕は住宅ローンを抱えていました。

そんな中、新型コロナによる日本経済の低迷によって、勤務先の業績が悪化したことにより、賞与と給料のカットがリストラとして実施されてしまいました。

このため、僕は住宅ローンの返済を続けていくことが困難となりました。

新型コロナのワクチンができた時は、すぐに新型コロナの影響は収まると思ったのですが、ワクチンができた後も新型コロナは猛威を振るったために、勤めている会社の業績は低迷をしたままでした。

僕は住宅ローンの支払いを延滞していたので、このままでは借り入れをした銀行によって家を差し押さえされて、競売に掛けられてしまうと思いました。

そこで、僕は20年前に債務整理の支援をしてもらった弁護士に、再度、自分の借金問題の解決を仰ぎました。

すると、僕の収入は現在の所、回復を見込めないので、自己破産をした方が良いと言われました。

今のままだと、銀行によって家を競売に掛けられて、その売却代金が住宅ローンの返済に充てられるが、住宅ローンの残債が残るので、家が売られた後も住宅ローンの返済を続けることになるとのことでした。

それなら、いっそのこと自己破産をして、負債をゼロにしてしまった方が良いと言われました。

僕は既に結婚をしていて家族がいたので、家を維持したかったのですが、家を維持することを断念して、負債をゼロにすることができる自己破産で債務整理を行うことにしました。

自己破産で債務整理を行ううえで、僕が気掛かりだったことは、過去に自己破産をしていたことでした。

弁護士にその点について確認をしてみると、過去に自己破産による債務整理を行っている人が、再度、自己破産を裁判所に認めてもらうには次の事柄が必要とのことでした。

1.前回の自己破産における裁判所の免責許可の決定から7年以上が経過している。
2.自己破産をするしか借金問題の解決方法がない。
3.過去に自己破産を行った時と、借金を作った原因が異なる。
4.自己破産となってしまったことを真摯に反省している。

僕の今回の借金のケースでは、上記の全ての要件を満たしているので、人生で2回目となる自己破産をすることができることが分かりました。

その後、僕は弁護士のサポートを受けつつ、2回目となる自己破産の債務整理手続きを行っていきました。

2回目以降の自己破産手続きは、必ず管財事件になるという決まりがあるらしく、裁判所において僕が所有する家などの高額財産を管理する、破産管財人が選ばれました。

その後、破産管財人によって、僕が所有する高額財産は現金化されて、債務の支払いに充てられました。

それから暫くしてから、破産申し立てを行った裁判所で、2回目となる自己破産を認めてもらうことができました。

今は家を失い、僕は家族と共に白老町で借りた賃貸物件に住んでいますが、借金返済の悩みから脱することができたので、以前と比べて、明るい気分で日々を過ごすことができるようになりました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

白老町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

白老郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

北海道
白老郡(   白老町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。