債務整理ガイド » 北海道 » 上川郡

上川郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

上川郡というエリアで、債務整理を施すことで借金返済の悩みをクリアにしている、法律事務所(弁護士・司法書士)のリストです。

借金まみれとなって困り果てている債務者を救うことができる、上川郡の法律事務所を提示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して上川郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(上川郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(上川郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(上川郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
上川郡の地図

上川郡にある弁護士事務所

森山大樹法律事務所

債務整理の無料相談 △(不定期開催)
所在地 上川郡東川町東町1丁目7-5 東町会館 2階
MAP
営業時間 月曜~金曜10:00-17:00
電話 0166-76-4397
電車アクセス

個々の依頼者を大切にして、できるだけ時間を掛けて悩みごとの相談を聞いている、上川郡にある弁護士事務所です。

上川郡の当事務所では、東川町に住まわれている方限定で、東川町役場において不定期で無料の法律相談会を実施しています。

借金問題に関しては、「キャッシングカードや銀行カードローン、クレジットカードなどを使って、長年にわたって借り入れを繰り返した結果、借金総額が高額となってしまい、困り果てている」、「シングルマザーなので、生活が困窮をしており、貸金業者でお金を借りた結果、借金苦となったので債務整理をしたい」、「住宅ローンがあるが、所得が減ったために、住宅ローンの支払いを継続できなくなったので、抵当権が設定されているマイホームを借入先金融機関よって差し押さえされるのではと心配をしている」といった悩みごとを抱えている方々に対して、弁護士は事件の詳細を知るために借金相談を行ってから、適切といえる借金整理の処理を行っています。

上川郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、上川郡内の東神楽町・当麻町・愛別町・美瑛町・鷹栖町・下川町・比布町・新得町・和寒町・上川町・清水町・剣淵町・東川町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

上川郡で債務整理をする際の関連機関

上川郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

お店の経営がうまくいかず、債務整理を行うことになってしまった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 自営業 37歳(女性)
特定調停での債務整理

私は、元々は高校を卒業後、某会社で事務員として働いていました。

私はお金がたまったら、喫茶店を開きたいと思っていました。

私の趣味は料理だったので、学生の頃から自分で料理をよく作っていました。

私は30歳になったときに、人生の節目に差し掛かったと感じました。

私はもらった給料はあまり無駄遣いをせずに、貯金をしていました。

30歳になった時点で、ある程度、貯金がたまっていたので、私は思い切って今まで勤めていた会社を辞めて、私が住んでいる上川郡で喫茶店を出店することにしました。

できるだけ、お金を掛けないで出店をしたかったので、お店の内外装は手作りでできる物は手作りをしました。

出店にあたって、できるだけお金を掛けないようにはしていたのですが、店内に置く椅子やテーブルなどの備品や厨房の冷蔵庫などの機材を購入すると、ためていた貯金はほとんどなくなってしまいました。

私の喫茶店では、カレーライスやシチュー、サンドイッチなどの軽食とコーヒーやカフェオレ、ジュースなどをドリンクを提供しています。

お客様にとって居心地の良い空間を作りたかったので、お店では静かな雰囲気のクラシック音楽や明るい感じのジャズ音楽を流しました。

その後、徐々に口コミでお客が増えていき、何とか経営が軌道に乗り始めました。

そんな時に、世の中、何が起きるかわからないもので、新型コロナが日本を含め、世界中で流行り始めました。

その結果、お店という閉じられた空間の中で、新型コロナに感染することを恐れたためか、新型コロナが流行り始めると急激にお客が減っていきました。

その結果、私はお店の資金繰りに苦労をするようになりました。

提供する商品の原材料を仕入れるには、仕入れ費用のお金が必要になりますが、そのお金にも事欠く有様でした。

私は、今をしのげば、新型コロナワクチンによって、新型コロナの流行は収まり、お店のお客は戻ってくるだろうと考えていました。

そのため、私は今をしのぐために上川郡にあった大手の消費者金融業者からお金を借りてしまいました。

最初は1回だけと思ってお金を借りたのですが、簡単にお金を借りることができたので、1回だけにとどまらず、その後も繰り返し、お金を借りてしまいました。

その結果、私の借金は少しづつ増えていき、借金総額が70万円ぐらいに達したときに、月々の借金返済を続けることが困難となってしまいました。

支払いが滞ると、私はお金を借りた消費者金融業者から、返済請求の電話連絡を受けるようになりました。

私は思い悩んだ末に、債務整理について詳しい知識を持っている弁護士に借金相談をすることにしました。

私は過去にテレビを見ていて、借金問題を解決したい場合は、債務整理に関する知見を持っている弁護士に借金相談をすれば良いことを知っていたからです。

私はNTTのタウンページを使って、私が住んでいる上川郡で債務整理を扱っている弁護士を探してみました。

すると、運よく、上川郡で該当する弁護士を見つけ出すことができました。

そこで、後日、私は上川郡にあるその弁護士の法律事務所を訪ねてみました。

法律事務所に着いた後、私は上川郡の弁護士と自分の借金の対応方法について相談をしました。

すると、上川郡の弁護士から債務整理の一手法として特定調停という方法があり、私のケースでは、特定調停で債務整理を実施するのが適切とのアドバイスをもらうことができました。

上川郡の弁護士の説明では、特定調停は負債総額が少額の時に適した債務整理方法で、私の負債額70万円程度は債務整理を実施する負債額としては低額なので、特定調停を実施するのが良いとのことでした。

その後、私は上川郡の弁護士の支援を受けながら、特定調停で債務整理を行いました。

私は上川郡を管轄している簡易裁判所に出向いた時に、債権者と今後の借金の返済方法について協議をしたのですが、協議の結果、今抱えている借金は今後は利息なしにしてもらうことができました。

また、月々の返済額は2万円固定にしてもらえました。

特定調停で債務整理を行った結果、毎月の返済負担が減ったので、私は借金返済を続けられるようになりました。

現在、私は知人に頼み込んで、お店の閉店時間後に、1日、3時間程度、アルバイトをさせてもらっています。

私はアルバイトをするようになってから、借金返済をしつつ、お金を新規に借りずともお店の運営ができるようになりました。

脱サラをしてレストランを開業したが、失敗してしまい、債務整理を実施した

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人再生 個人事業主 44歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は、料理専門学校を卒業後、料理人となるべく、和食レストランに就職をしました。

働き始めたころは、皿洗いやお店の掃除といった雑用ばかりでしたが、年を重ねるごとに、料理の仕込みの手伝いなど、重要な仕事を任せてもらえるようになりました。

僕は、働き始めた当初からいずれは独立することを考えていたので、もらった給料はあまり無駄遣いをせずに、ためていました。

その後、約10年が経過したときには、僕は勤めていた職場のオペレーションのほぼ全てを理解することができていたので、独立をするためにお店を辞めました。

その後、僕は生まれ故郷である上川郡に戻ってきて、今までに培った経験を生かして和食料理店を始めました。

お店を開店する際は、約900万円が必要だったのですが、自分の貯金から400万円、そして日本政策金融公庫から500万円の融資を受けることで開店資金を用立てしました。

お店を開業するために掛かった費用の内訳は、店舗の賃貸に約150万円、お店の内外装の工事に約450万円、店内の備品と冷蔵庫などの厨房設備に約200万円、お店のホームページ制作に約50万円、食材の購入費用に約50万円となりました。

本当は広告費用も掛けたかったのですが、そこまでお金を掛けることができなかったので、自分のパソコンとプリンターを使って、自作でポスティング用のチラシ広告を作りました。

そして、僕は仕事が終わった後や、お店が休みの日に、お店の周辺地域へ出向いて、郵便受けに自作したチラシを投函しました。

チラシを配った効果があったようで、開店した月は、約30万円の利益をあげることができました。

ですが、興味本位で来たお客が多かったようで、その後は、徐々に客足が減って行きました。

そのため、僕はポスティングをする地域を広げて、広範囲にお店のチラシを配りました。

その後は、安定的に毎月約20万円の利益をあげることができました。

僕は融資を受けた日本政策金融公庫に毎月約10万円を返済しなければなりませんでした。

そのため、僕の可処分所得は月に10万円程度しかありませんでした。

僕は周辺地域にお店の広告チラシを配り終えた後は、これからは口コミによって自分のお店は知名度はあがっていくだろうと考えていました。

ですが、一向に僕のお店の客足は伸びませんでした。

僕は、店先や店内はきちんと清掃をしていたので、お店に清潔感はありました。

また、料理の腕には自信があったので、料理の味は問題ありませんでした。

料理の価格設定は、同業他社と同レベルでした。

僕はあれこれと悩みましたが、お客が増えない原因がよくわかりませんでした。

強いてあげるとすれば、お店の立地は、交通の便があまり良くないことでした。

僕は、売り上げが上がらなかった結果、日本政策金融公庫への借金返済を遅滞するようになりました。

当然の事ですが、借金の支払いが遅れると、僕はすぐに日本政策金融公庫から電話や郵便物で督促を受けました。

僕にとっては借金返済が経営の足かせとなっていたので、僕は毎月の借金返済を軽くできないかと思いました。

パソコンを使ってインターネットで借金問題の解決方法について調べてみると、債務整理を行えば良いことが分かりました。

債務整理を行うには、債務整理を扱っている法律事務所に借金相談をすれば良いことも分かったので、僕は上川郡で債務整理を行っている法律事務所を探してみました。

すると、一カ所、上川郡で業務内容に債務整理がある法律事務所を見つけることができました。

僕は、上川郡のこの法律事務所に借金相談をすることを決めたので、前もって電話で相談の予約を入れてから、法律事務所へ出向きました。

法律事務所に着いた後、僕は弁護士と借金相談をしたのですが、話し合った結果、個人再生で債務整理を行うことにしました。

個人再生を実施するためには安定収入が必要なのですが、私は曲がりなりにもお店からの継続収入があったので、個人再生の申込み要件を満たしていました。

個人再生の処理は、話し合いをした弁護士が行ってくれたので、債務整理の最中でも、僕は自分の仕事に集中をすることができました。

個人再生の処理は約10か月が掛かったのですが、無事に全ての処理を終えることができました。

弁護士が個人再生の処理で力を尽くしてくれた結果、僕が抱えていた借金総額は100万円ぐらいにまで大きく減らすことができました。

借金が大きく減った結果、毎月の返済負担が減ったことで、僕の生活はかなり楽になりました。

僕は脱サラをしたら、自由になるお金と時間が増えるだろうと考えていたのですが、今のところは和食レストランで働いていた頃より、自由になるお金と時間は減ってしまいました。

僕は脱サラをしたことを後悔はしていませんが、和食レストランに勤めていた頃の自分は考えが甘かったと感じています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

上川郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

上川郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。