債務整理ガイド » 兵庫県 » 川辺郡

川辺郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

川辺郡で、借金返済に行き詰まっている弁護士と司法書士の法律事務所の一覧リストです。

借入金の支払いに窮している方に対して債務整理を実施している、川辺郡の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して川辺郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(川辺郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(川辺郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(川辺郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
川辺郡の地図

川辺郡にある弁護士事務所

該当なし

川辺郡にある司法書士事務所

松井司法書士事務所

債務整理の無料相談 △(法テラス利用可)
場所 川辺郡猪名川町松尾台二丁目一番地二 サウンズヒルA-712
MAP
受付 平日10:00-18:00(夜21時まで対応可、事前予約で土日祝も相談可)
TEL 072-767-1705
鉄道交通 能勢電鉄日生線 日生中央駅

相談者が抱え込んでいる法務に関する悩みごとの解決を目標として活動をしている川辺郡にある法務事務所です。

「浪費癖があって、買い物や遊興などの費用の支払いにクレジットカードを多用していたために、借金まみれとなってしまった」、「奨学金を借りていたが、その借金返済に追われて生活苦となっている」、「消費者金融業者(サラ金)からお金を借りてまでパチンコなどのギャンブルをやってしまった結果、多重債務者となって首が回らなくなった」といった方々には、個々の事情にあった適切な債務整理を行うべく、司法書士は手始めに借金相談を実施しています。

川辺郡の当事務所では、債務整理の他に不動産登記や相続登記、成年後見、遺言、財産管理、裁判業務、その他の司法書士が扱える業務を手広く行っているので、気軽に相談をしていただきたいです。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、川辺郡内の猪名川町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

川辺郡で債務整理をする際の関連機関

川辺郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

交際費にお金を掛け過ぎてしまい、債務整理を行う結末に

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 OL 26歳(女性)
任意整理での債務整理

私は、川辺郡にある建築会社で経理を担当しています。

私が生まれ育ったのは川辺郡なので、地元と言うこともあり、私には多くの友人がいます。

そのため、私は会社が休みの日には、いつも友人と遊びに出掛けていました。

私が住んでいる川辺郡は田舎だったので、クルマがないと不便なため、私は働き始めてから暫くしてから、中古のクルマを購入しました。

そして、クルマを使って友達と共にグルメや旅行を楽しんでいました。

私は交際費に掛かる費用は、その支払いのほどんどを所有しているクレジットカードを使って行っていました。

週末毎にクレジットカードを多用した結果、私はクレジットカードのショッピング枠のマックスまでお金を借りてしまいました。

その際に、私は最初に作ったクレジットカードの発行元とは異なる別の信販会社でもう一枚、クレジットカードを新規に作成しました。

そして、新たに作ったクレジットカードで交際費の調達をし続けました。

暫くすると、私はクレジットカードの借金返済に困るようになりました。

当時は、買った中古車のローンの支払いも行っていたので、クレジットカードの借金返済をする余裕がありませんでした。

クレジットカードの支払いを滞らせた結果、私は信販会社から取り立てを受けるようになり、そのプレッシャーで心が押しつぶされそうになりました。

私は抱えた借金問題の解決策を模索するべく、仲の良かった友達に相談をしたのですが、その友達から専門家に債務整理の相談をした方が良いとのアドバイスをもらうことができました。

私はその友人の言葉に従って、川辺郡で債務整理に関する借金相談をすることができる専門家を探してみました。

すると、川辺郡には債務整理を扱っている司法書士が居ることが判明したので、私は電話で借金相談の予約をした後に、その方の司法書士事務所を訪れました。

そして、私は面談室に通された後、相談相手の司法書士と話し合いをしました。

その結果、私の借金は任意整理によって債務整理をすることになりました。

債務整理方法として任意整理を選択した理由は、「裁判所を使わないので迅速に手続きを進めることができること」、そして、「債務整理費用が比較的にリーズナブルだった」からです。

債務整理の手続き自体は、話し合いをした司法書士が実施してくれることになったので、私は進捗状況の連絡を受けるだけで済みました。

そして、仕事を依頼して2か月ちょっと経った時に債務整理の手続きが完了しました。

司法書士が私の借金問題に取り組んだ結果、全ての債務に関して、今後は利息の支払いを無しにしてもらうことができました。

また、自動車ローンに関しては、返済期間を2年分延長してもらえました。

その結果、債務整理を実施した後は、月々の支払い負担が減ったので、私は借金の支払いを続けられるようになりました。

友人との交際をやめるつもりは全くありませんが、今回、借金まみれの窮地に追い込まれたことを踏まえ、今後はできるだけ出費を抑えたお付き合いをして行こうと考えています。

債務整理に至った理由は、出産費用と育児費用のために借金を重ねたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 アルバイト 34歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は、27歳の時に結婚をして、その後、住宅ローンを組んで川辺郡内で一戸建ての家を購入しました。

そして、僕が30歳になったときに、妻が妊娠をして、出産をしました。

その頃、僕が勤めていた会社が倒産をしてしまい、僕は妻が妊娠中に失業をしてしまいました。

暫くは、僅かばかりにあった貯金を切り崩して、生活費に充てていたのですが、貯金はすぐに底をついてしまいました。

僕はフルタイムで働くことができる仕事を探していたのですが、見つけることができず、仕方なくアルバイトの仕事に就きました。

アルバイトをすることでお金を稼ぐことはできましたが、アルバイトだけでは何とか生活できるぐらいのお金しか稼ぐことができませんでした。

そのため、僕は妻の出産費用を用立てするために川辺郡にあった誰もが知っている全国展開をしている消費者金融の支店に出向いて、借入用キャッシングカードを作りました。

そして、キャッシングカードを使って、妻の出産費用とその後の育児費を調達しました。

その当時、僕は住宅ローンを抱えていたのですが、住宅ローンの支払いは作ったキャッシングカードで借りたお金を充てていました。

その結果、キャッシングカードの借入残高が膨らんでしまい、キャッシングカードで作った借金の返済に困るようになりました。

今考えると、この時点で債務整理に着手をしていれば、まだ自宅を失わずに済んだのかもしれません。

ですが、僕はさらに別の川辺郡にある貸金業者を利用してしまい、そこから借りたお金を借金返済に充ててしまいました。

そのため、僕は多重債務者となってしまい、最終的には首が回らない状態となってしまいました。

この時点で、僕は多くの債権者から督促を受ける状況となってしまい、僕は自分の借金問題を解決するために、川辺郡にあった司法書士事務所を訪問しました。

僕は相談相手である司法書士に自分の借金について相談をした結果、借金が高額の割に、収入が低いので自己破産をするしか選択肢がないことを告げられました。

また、自己破産をした場合は、現在住んでいる一戸建ての家は失うということも同時に教えてもらいました。

僕はその場では決断できなかったので、一旦、自宅に帰って妻と相談をしました。

そして、最終的には自己破産をして、経済的にリセットをしてやり直すことにしました。

その後、僕は借金相談をした司法書士のサポートを受けながら自己破産で債務整理の手続きを行いました。

僕は川辺郡を管轄している地方裁判所に破産申立てをしたのですが、申立てをしてから約1年が経過した時に裁判所で免責許可の決定が出ました。

自分の家は、破産管財人によって差し押さえをされたので、失ってしまいましたが、抱えていた借金はゼロにすることができました。

今は、家族そろって賃貸アパート暮らしとなっていますが、借金が無い分、気が楽になりました。

債務整理を終えた現在、僕はフルタイムで働くことができる正社員の仕事を探しています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

川辺郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

川辺郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。