債務整理ガイド » 京都府 » 船井郡 » 京丹波町

京丹波町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

京丹波の町章 船井郡京丹波町で、借金苦であえいでいる債務者を助けている弁護士・司法書士の法律事務所のリストです。

債務整理を行うことで、サラ金などの貸金業者への支払いに窮している方々の悩みを解決している京丹波町の法律事務所を掲示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して京丹波町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(京丹波町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(京丹波町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(京丹波町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
京丹波町の地図

京丹波町にある弁護士事務所

該当なし

京丹波町にある司法書士事務所

太田昌和司法書士事務所

債務整理の無料相談
場所 京丹波町須知天神21番地1号
MAP
太田昌和司法書士事務所
受付 日曜日~金曜日9:00-17:00
TEL 0771-89-3750
鉄道交通 山陰本線 日吉駅、胡麻駅

フットワークの軽さを生かして、京丹波町およびその周辺地域で活動をしている法務事務所です。 当事務所では相談者・依頼者に対して、丁寧な説明をするように心がけています。

「新型コロナで収入が減少したために、家賃や光熱費の支払いが困難になってしまい、支払いを催促されている」、「買い物や旅行好きなので、そのための費用をクレジットカードを使ってまかなっていた結果、借入総額が高額となったために月々の借金返済が困難となった」、「引越費用を用立てるために、銀行カードローンで借り入れをしたが、低賃金で働いているため、借りたお金の返済に困っている」などの借金問題で追い込まれている債務者に対して、京丹波町の当所では借金相談で事情を汲み取ってから的確といえる債務整理の処理を行っています。

借金問題は元金に利息が付いたり、返済が遅れていることに対するペナルティとしての遅延損害金が付加されるために、時間が経つと状況は悪化をしてしまいます。 ですから、借金返済が厳しい状況にあるのなら、ためらうことなく迅速に債務整理に精通をした弁護士または司法書士に借金相談をして、早期に債務整理の手続きに取り組んでいただきたいです。 早期に債務整理に取り組むほど、掛かる費用や工数を抑えることができます。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、船井郡京丹波町内の日吉駅、胡麻駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

京丹波町で債務整理をする際の関連機関

京丹波町役場
京丹波町蒲生蒲生野487-1

京丹波町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

結婚後に借り入れを繰り返してしまい、債務整理へ

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 パート勤め 38歳(女性)
自己破産での債務整理

私は20代の中盤ごろに、職場結婚をして、その後、仕事を辞めて家庭に入りました。

私の夫は私より8歳年上で、付き合っていた時から自分をリードしてくれていたので、私は頼もしく感じていました。

ですが、結婚をして以降、夫の私に対する束縛が強くなりました。

何をするにしても、私は夫の許可を得なければなりませんでした。

そんな生活に、私は息苦しさを感じるようになっていました。

夫の勤務先は京丹波町にある小規模な会社でした。

そのため、給料はあまり高くなく、私はいつも家計のやりくりに追われていました。

そんなある日、生活費が厳しくなった時に、私は持っていた信販カードを使って、食料品や日用雑貨などの買い物をしてしまいました。

私はパート勤めをしていたので、稼いだお金を使って返せばいいやと考えていました。

ですが、信販カードを使って、度々、買い物をした結果、信販カードの借入残高は高額となってしまい、その借金返済に困るようになってしまいました。

結局、私はお金を工面するために京丹波町からほど近いところにあった、貸金業者からもお金を借りるようになってしまいました。

私は借金をして、そのお金を使って別の借入先に借金返済をするという自転車操業を約2年間、続けてしまいました。

その結果、私の借入先金融機関の数は4社まで増えてしまい、借金総額は200万円を超えてしまいました。

私は多額の借金を抱え込んでしまい、一人で悩んでいました。

夫に借金の相談をしたら、叱責されるのは明白だったので、夫には相談できませんでした。

私は京丹波町に司法書士事務所があって、債務整理を扱っていることは事務所前に掲げられていた看板を見て知っていました。

そこで私は、この事務所に借金相談をすることにしました。

借金相談では、司法書士の方が私の相談にのってくれたのですが、借金の総額や元本に対する月々の利息分を考えると私の所得は低すぎるので、自己破産で債務整理をした方が良いという話になりました。

結局、私は自己破産による債務整理手続きに着手することにし、また、同時に離婚をすることを決意しました。

とにかく、私は一旦、自分の人生をリセットしたかったのです。

その後、私は夫に離婚を切り出しました。

夫からは離婚をしたくないと言われましたが、私の心が変わることはありませんでした。

すでに、私の心は冷めきっていたのです。

その後、私は離婚をしました。

それから数か月後に裁判所で私の破産手続きが認められ、私は債務整理を終えることができました。

私は離婚後、夫と住んでいた家を出て、京丹波町で新たに賃貸アパートを借りて住んでいます。

債務整理をした結果、私の負債は全て消滅をしたので、借金返済の不安なく過ごすことができています。

今、私は所得を増やしたいので、京丹波町を管轄している職業安定所へ通って、フルタイムで働くことができる仕事を探しています。

所得が不安定なために借り入れを繰り返してしまい、債務整理へ

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 イラストレーター 29歳(女性)
特定調停での債務整理

私はデザイン専門学校を卒業した後、実家のある京丹波町に戻ってきました。

そして、京丹波町で住居兼仕事場として賃貸アパートを借りて、住んでいます。

私の仕事はイラストを書くことなのですが、仕事は主にインターネットの仕事紹介サイトで見つけて、仕事を引き受けていました。

私はPhotoShopというイラスト作成用パソコンソフトを使ってイラストを作成して、作成した作品のデジタルデータを納品先に納めていました。

私の仕事は、基本的には単発の仕事なので、納品をしたら次の仕事先を探さなければなりませんでした。

インターネットの仕事紹介サイトには、多くの企業のイラスト発注の仕事が掲載をされていたのですが、条件の良い仕事は同業者のイラストレーターがすぐに仕事を受注してしまうので、仕事を取るのは競争状態でした。

運よく、単価の良い仕事を取れることもあったのですが、仕事がなかなか取れないこともありました。

その結果、私の収入は非常に不安定でした。

私はこの生活の不安定さを解消するために、預金口座のあった銀行でローンカードを作り、そのカードを使って、お金がない時に借り入れをするようにしました。

そんな生活を約8年間続けた結果、私の借金総額は120万円ぐらいにまで膨れ上がってしまい、私は銀行カードローンの月々の支払いに困るようになりました。

返済を遅滞してしまうと、すぐに借入先の銀行から督促状が私の住まいに送られてきました。

取り立てこそなかったものの、私にはすごいプレッシャーになりました。

そこで、私は今の借金状況を打開したいと思ったので、債務整理をすることにしました。

インターネットを使って、債務整理の方法に関して調べた結果、債務整理を行っている弁護士や司法書士に債務整理を委ねれば良いことが分かりました。

そこで、私は私が住んでいる京丹波町で債務整理を手がけている弁護士あるいは司法書士を探してみました。

すると、運よく、京丹波町には債務整理を行っている司法書士がいたので、私はその方の事務所へ借金相談をするために出掛けました。

私の借り入れ状況について司法書士の方と話し合った結果、特定調停で債務整理を実施することになりました。

特定調停を債務整理の方法として選んだ理由は、私の負債総額が債務整理を実施する際の金額としては少額なので、特定調停以外の債務整理方法を選んでしまうと費用倒れになってしまう可能性があったからです。

つまり、特定調停以外の債務整理を選んでしまうと、債務整理をすることで得られる利益より、債務整理費用の方が多く掛かってしまい、損をしてしまうということです。

その後、私は特定調停で債務整理手続きを進めたのですが、手間は多く掛かりましたが、債務整理に掛かった費用は2万円弱で済みました。

私は特定調停で債務整理を行った結果、債権者である銀行の担当者との交渉で、次回以降の借金の支払いで利息の免除を得ることができました。

つまり、今まで毎月利息分として支払っていた分のお金を元本の返済分に当てることができるようになったということです。

私は債務整理を実施した結果、毎月の借金の支払いを継続できるようになりました。

フリーのイラストレーターだと収入が不安定なので、私は今は正社員として働くことができる仕事に就くことができないかを模索しているところです。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

京丹波町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

船井郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

京都府
船井郡(   京丹波町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。