債務整理ガイド » 京都府 » 相楽郡

相楽郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

相楽郡で、借金の支払いに行き詰っている方々を支援している弁護士・司法書士の法律事務所のリストです。

高利貸しからお金を借りてしまい、その借金返済に窮している方々に債務整理を施している相楽郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して相楽郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(相楽郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(相楽郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(相楽郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
相楽郡の地図

相楽郡にある弁護士事務所

やまなみ法律事務所

債務整理の無料相談 △(法テラス利用可)
所在地 相楽郡精華町大字山田小字下川原三番地六号 BEST山田川ビル 二階
MAP
営業時間 月曜~金曜9:30-17:30
電話 0774-34-0790
電車アクセス 近鉄京都線 山田川駅

弁護士過疎エリアであった京都府南部に設立された、相楽郡の法律事務所です。

「親の介護や自分の医療費にお金が掛かり、銀行カードローンで費用の捻出をしていたために借金がかさんで、その支払いに困っている」、「離婚をきっかけに低収入となってしまい、生活費の不足分を補うためにキャッシング会社で融資を受けた結果、借金まみれとなって苦労している」、「趣味の充実や娯楽目的で、クレジットカードを多用したために、借入残高が高額となってしまい、その借金返済に窮している」といった金銭問題で追い詰められている方々には、借金相談をしてから各事案にふさわしい債務整理の処理を実行することで借金問題を解決しています。

なお、法テラスが決めている収入や資産などが一定の水準以下という資力要件を満たしていれば、相楽郡の当所では無料相談を受けることができます。 無料相談を受けるための詳しい要件を確認したい方は、当所に電話で問い合わせをしてください。

相楽郡にある司法書士事務所

けいはんな司法書士事務所

債務整理の無料相談
場所 相楽郡精華町大字祝園小字長塚16-3 今井駅前ビル 203号
MAP
受付
TEL 0774-94-3235
鉄道交通 近鉄京都線 新祝園駅

相楽郡にある当法務事務所では、多重債務問題や簡裁訴訟代理等関係業務、その他の法務に関する悩みごとの相談を受けています。

「住宅ローンを抱えている状況下で、リストラで失業をしたために、住宅ローンの支払いを続けることができなくなった」、「消費者金融業者などの貸金業者で借り入れをしてまで、ギャンブルで浪費をした結果、多重債務者となってしまい立ち行かなくなった」、「若い頃からの借金癖のために、長年にわたって借金を繰り返した結果、借入総額が多額となってしまい、月々の利息の支払いさえ困難となった」といったお金の悩みを抱えている債務者には、担当の司法書士が借金相談で事実関係を確認してから、個々のケースに最適な債務整理の措置を行っています。

借金問題は、一般論でいえば時間が経過すればするほど、状況は悪化をしてしまいます。 ですから、借金返済に行き詰まりそうな方は、できるだけ早めに相楽郡の当事務所のような債務整理を扱っている専門家に借金問題の対処方法を相談していただきたいです。

なごみ司法書士事務所

債務整理の無料相談
場所 相楽郡精華町大字祝園小字長塚十七番地五号
MAP
受付
TEL 0774-93-3009
鉄道交通 新祝園駅

顧客の立場になって、業務に取り組んでいる相楽郡にある司法書士事務所です。

「子供の教育費を調達するために銀行で学資ローンを組んだか、その後の景気低迷によって所得が減ったために、学資ローンの支払いをするのが厳しくなった」、「職場になじむことができず、転職を繰り返したために生活費に困るようなってしまい、サラ金でお金を借りた結果、借金苦となってしまった」、「街金などの金融業者から融資を受けたが、その返済が滞ってしまい、金融業者から借金返済の督促を受けていてつらい」といった方々に、司法書士は借金相談をしてから、個別具体的なベストな債務整理の手立てを実施しています。

なお、債務整理を行いたいが費用が掛かるので、その費用を用意できそうもないと考えている方もいると思います。 費用の捻出方法は、資力がない方は法テラスの費用立替制度を利用することで、費用の支払いを低額な月賦払いにすることができます。 また、今現在、借金返済を継続的に行っている方は、債務整理に着手をすることで、一時的に借金返済をストップすることができ、今までに払っていた借金返済のお金を債務整理の費用に充てることができるようになります。 ですから、今現在、借金問題を抱えているのなら、債務整理の費用のことをあまり考えずに、まずは相楽郡の当所で借金相談を受けていただきたいです。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、相楽郡内の和束町,精華町,笠置町,南山城村の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

相楽郡で債務整理をする際の関連機関

相楽郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

株取引に失敗をしてしまい、債務整理を実施した

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 団体職員 31歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は、米国株ブームに乗っかって、日本のオンライン証券会社を利用して、米国株の取引をしていました。

僕が住んでいるのは相楽郡という田舎なのですが、田舎でもインターネットを使えば、簡単に米国株の取引をすることができました。

僕が米国株の取引をした時には、米国株のインデックスは大きく上昇をしていたので、僕は投入した資金を約1.2倍に増やすことができました。

僕はインターネットを駆使して、株式の情報を集めていたのですが、多くの株の専門家が米国株の上昇を予想していました。

僕自身も、米国株の上場は今後もしばらくの間、続くと考えていました。

この流れに、うまく乗ることができれば、僕は自分の金融資産を一気に増やすことができると思いました。

そこで、僕は持っていたクレジットカードにはキャッシングができるサービスが付帯していたので、クレジットカードを使って、限界までキャッシングをすることで投資資金を調達しました。

そして、キャッシングをすることで手に入れたお金は、その全額を米国株に投資をしました。

その後、米国株は少しずつ上昇をしていたので、僕はうまくいっていると感じていました。

ですが、その後、中国に端を発する新型コロナウイルス感染症が中国だけでなく世界中で流行をしてしまいました。

その結果、企業活動が停滞をすることになってしまい、米国株は暴落を始めてしまいました。

僕は、米国株が暴落をし始めたときに、保有している株をすぐに売らないと大損をすると思ったので、保有株の売り注文を証券会社に出しました。

ですが、株式市場には売り注文が殺到をしていて、かつ、買い注文はほとんどなかったため、僕が出した売り注文はなかなか成立をしませんでした。

そして、僕が出した売り注文が成立をしたのは、米国株が大きく下げた後でした。

その結果、僕は200万円程の損失を出してしまいました。

僕は働いていたので、なんとか借金返済を継続できそうでしたが、月々の借金の返済負担を少しでも軽減したいと思いました。

そこで、僕は相楽郡で借金相談を受け付けていた法律事務所へ行って、自分の負債の対処方法について相談をしました。

僕が相談をした相手は、法律の専門家である弁護士だったのですが、債務整理に関しても熟知をしている方でした。

そして、その相楽郡の弁護士から、僕は特定調停で債務整理を実施してはとのアドバイスをもらうことができました。

弁護士から受けた説明によると特定調停は、簡易裁判所において裁判所の調停委員を仲立ちとして債権者と今後の返済方法に関する和解を図る債務整理方法だとのことでした。

僕は弁護士の勧めにしたがって、特定調停によって自分の借金問題を解決することにしました。

その後、僕は特定調停で債務整理を実施したのですが、裁判所での債権者との協議は調停委員のサポートがあったので、うまくまとまりました。

その結果、僕の残債に対して、今後は無利息にしてくれることになりました。

今後は利息の支払いが不要になったことで、僕は月々の返済負担を大幅に軽減することができました。

僕は株式取引で失敗をしたことを反省して、債務整理を終えた今後は堅実にお金をためるようにしようと思いました。

債務整理によって、借入金を整理した

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人民事再生 自営業 46歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は、元々は大阪でサラリーマンとして働いていました。

僕は毎日夜遅くまで、会社の歯車として働くサラリーマン人生に疑問を感じていたので、会社を辞めて、自分で商売を始めることにしました。

僕は楽観的な性格なので、会社を辞めて、自分で仕事を初めても生活費ぐらいは稼ぐことができるだろうと考えていました。

僕は会社を辞めた後、大阪市内で有名だったラーメン店にアルバイトとして雇ってもらいました。

そして、僕はラーメン店のアルバイトとして1年間働く間に、調理方法や接客方法などのお店を経営するためのノウハウを身に付けました。

そして、僕は独立してラーメン店を出すことができる自信を持つことができたので、今までバイトとして働いたラーメン店を辞めて、僕の地元である相楽郡に戻りました。

僕が地元である相楽郡に戻った理由は、年老いた両親がいたからです。

僕はいずれ、両親の面倒を見なければならなくなるので、両親が住む実家がある相楽郡に戻ったのです。

そして、僕は相楽郡の不動産屋を周って、ラーメン店の店舗として適切な空きテナントを探しました。

不動産屋を周ったあと、僕はいくつかの物件の内見をさせてもらったうえで、最も条件が良い物件を借りました。

そして、僕はテナントを借りた後、相楽郡の工務店に行って、お店の内外装の工事をお願いしました。

お店の内外装の工事が終わった後、僕はお店の厨房に置く業務用冷蔵庫などや、お客が使うテーブルと椅子などを購入して、店内に設置をしました。

そして、僕は、新聞の折込チラシに新規開店を告知する広告を打ったうえで、お店を開業しました。

開業をしてから1週間ぐらいは、物珍しさもあってか、僕のお店にはお客が多くやってきました。

ですが、しばらくすると徐々にお客の数が減っていきました。

お客の数が減っている時でも、僕は提供する商品の味には自信があったので、段々と固定客が増えるだろうと考えていました。

そのため、客が減ってもあまり気にしませんでした。

僕は自分のお店を開店するために、サラリーマン時代にお金をためていたのですが、お店を開店するために全てのお金を使い切ってしまったので、事業資金が足りませんでした。

僕は相楽郡にあった某銀行で、事業資金の融資を受けようとしたのですが、銀行の融資担当者から融資をするには担保物件が必要という条件を出されました。

僕には担保にできるような土地はなかったので、銀行から融資を受けることを断念せざるを得ませんでした。

僕は金策をどうしようかと考えたのですが、結局は、担保の必要がない、某金融機関の商工ローンでお金を借りることにしました。

商工ローンは担保が必要ない代わりに、貸付金利は銀行と比較すると高利でした。

幸いにも、僕は商工ローンの融資審査をパスすることができ、無事にお金を借り入れることができました。

その後、僕は商工ローンを使って事業資金のためのお金を借りては返すということを繰り返していました。

ですが、当然のことですが、借りたお金には利息が付きます。

徐々に僕の借入総額は増えていったのですが、その結果、利息の金額も増えてしまいました。

そのため、借入総額が増えるにしたがって、借入総額が増加するスピードが早くなってしまいました。

僕がこのままだとまずいと思った時には、すでに借入総額は700万円を超えていました。

お店は徐々に固定客が付いて、安定的に利益を出せるようになっていたのですが、借入総額が高額だったために、その借金の支払いが経営の足を引っ張っていました。

僕は、今の借金をそのまま放置してしまうと、いずれは自己破産をせざるを得ない状況になってしまうと不安に感じました。

そこで、僕は自分の借金を整理できないかと思い、相楽郡で債務整理を仕事として行っていた法務事務所を訪ねて、借金相談をしました。

相楽郡の法務事務所で借金相談をした結果、個人民事再生を行えば、僕が今抱えている借金総額を大きく減らすことができることが分かりました。

そこで、僕は相楽郡の法務事務所のバックアップを受けつつ、自分の借金問題を解決するために、個人民事再生で債務整理手続きを行いました。

僕は、債務整理の最中に数回、相楽郡を管轄している地方裁判所に出廷をしたのですが、前もって法務事務所から裁判所での手続きの進め方について教えてもらっていたので、すんなりと手続きを進めることができました。

そして、最終的には、個人民事再生で債務整理を実施したことによって、僕の借入総額は約150万円にまで減らすことができました。

借入総額を大幅に減額できたことで、僕は借金を完済するまでの返済プランを立てることができるようになりました。

僕のお店は軌道に乗ったので、債務整理によって借金を減らせたことで、僕はラーメン店経営だけで、今後の生計を維持できそうです。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

相楽郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

相楽郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。