債務整理ガイド » 東京都 » 両国

両国で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

ひまわり 両国で債務整理の法律事務所を構えている弁護士と司法書士の一覧です。

お金の悩みを解決できる両国の法律事務所をご案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して両国で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

東京ロータス法律事務所

お勧め度
HP 東京ロータス法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 週末の土日も対応
  • 最適な解決方法をご案内
日本全国対応 〇(両国にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応
電話10時-19時頃まで
電話 0120-506-086
債務整理の料金
  • 過払金請求:回収額の20%(訴訟の場合は25%)
  • 任意整理:着手金20,000円+報酬金20,000円+減額報酬10%+過払金報酬は回収額の20%+諸費用5,000円
  • 個人再生:着手金30,000円+報酬金30,000円+諸費用50,000円+住宅ローン特則有100,000円
  • 自己破産:着手金20,000円+報酬金20,000円+諸費用50,000円+管財の場合200,000円

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(両国にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(両国にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

両国にある弁護士事務所

該当なし

両国にある司法書士事務所

荒川司法書士事務所

債務整理の無料相談
場所 菊川3丁目21-3-204
MAP
受付
TEL 03-3633-7880
鉄道交通 両国駅・菊川駅

両国駅の近くにある当所は、アットホームな雰囲気の法務事務所で債務整理を得意としています。

両国駅そばの当所では、銀行カードローンやサラ金、クレジットカードやヤミ金などからキャッシングをした結果、借金地獄となり夜逃げや自殺まで考えている様な方に債務整理を行い、生活苦から抜け出すための支援をしています。

当所は両国駅そばで、過払金返還請求や民事再生、特定調停や個人破産などの債務整理に関する裁判手続き、不動産登記や商業登記、成年後見や遺言書の作成などを手掛けています。

司法書士長田事務所

債務整理の無料相談 〇(ナイター無料相談も有り)
場所 両国2-21-5-507
MAP
受付 平日10:00-18:00
TEL 03-3635-2119
鉄道交通 両国駅前

両国にある当所の特長は「駅前事務所なので利便性が良い」、「債務整理の借金相談などで専門用語を使わずに分かりやすく説明」、「当日や土日の面談予約も可能」です。

消費者金融や商工ローン、街金や闇金融などへの返済に窮した多重債務者には、負債総額や所有財産、家計の収支などを検討した上で、個々の事案にあった債務整理を実施して、両国で借金問題の解消を行っています。

多重債務問題の解決を依頼した場合に掛かる費用の内訳は「債務整理に取り掛かる際に必要な着手金」、「裁判所への予納金や通信費などの実費」、「手続きを終えた際に獲得利益に応じて掛かる報酬金」、「両国から遠方へ出張した場合に掛かる日当」となります。

法務大臣認定司法書士 若松事務所

債務整理の無料相談
場所 菊川1丁目2番5号 春日ビル2F
MAP
受付
TEL 0120-73-8058
鉄道交通 都営地下鉄新宿線・大江戸線 森下駅、JR両国駅

両国にある当所は開業から四半世紀の歴史があり、地域密着で地元の方々が抱える債務整理その他の法務問題の解決をサポートしています。

サラリーマン金融や信販会社などからの借入で借金まみれとなり、取り立てや督促によるクレサラ問題で困っている方には、任意整理や過払金回収などの複数ある債務整理方法から其々のメリットとデメリットを考慮した上で、両国で適切な方法を実践して、借金苦からの救済を実現しています。

債務整理の処理では、両国でクレディセゾンや三菱UFJニコス、JCBカード、そして、プロミスやアイフル、レイクなどとの交渉実績があります。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、両国の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

両国で債務整理をする際の関連機関

東京弁護士会
千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館6階

東京地方裁判所
千代田区霞が関1-1-4

東京簡易裁判所
千代田区霞が関1-1-2

両国に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

同時廃止の自己破産は半年ほどで完了した

債務整理方法 職業 年齢・性別 住まい
自己破産 自営業 42歳(男性) 両国
自己破産での債務整理

脱サラをしたあと、知人のつてを利用して同業者で修業のために働かせてもらいました。

自分が始めたいと考えたのは、美味しいコーヒーと紅茶を出す喫茶店です。 2か月間、修行として喫茶店で働いたあと、両国で居抜きの物件を借りて、自分の店をスタートさせました。

表通りから少し離れた場所だったのですが、賃料が割と安かったことと、味がよければ何とかなるだろうとの甘い考えで両国のその物件を借りました。

実際、両国で喫茶店をスタートさせると、最初はチラシを近所にポスティングした効果が出た様で、興味本位もあったのだと思いますが、多くのお客さんが来てくれました。

その時に、お客さんをさばききれなくて、長時間待たせてしまったことが裏目に出たのだと思います。 リピートして訪れてくれるお客は数人しかいませんでした。

元々、ドンブリ勘定で経営をやっていたため、初月にかろうじて黒字になっただけで、あとは赤字の連続です。 再度のポスティングなど営業努力はしたのですが、現状を打開することはできませんでした。

このまま営業を続けても赤字を垂れ流すだけなので、廃業することを決心しました。 開業時にお金を借りていたのですが、両国にある弁護士事務所に債務整理の相談をした結果、自己破産をすることにしました。

自己破産の債務整理手続きをする際に、住民票と家計簿、そして直近の収支がわかる資料の用意を弁護士から求められました。

すぐにこれらの書類を用意して、両国の弁護士に債務整理の手続きを行ってもらいました。 その結果、債務整理を弁護士に依頼してから約6ヵ月で、裁判所で借金の免責決定が下されました。

現在、私は無収入状態なので、同時廃止という自己破産方法が行われた結果、短期間で債務整理が完了したと弁護士に言われました。

債務整理をするのには勇気が必要ですが、一歩踏み出して弁護士に相談すれば、意外とあっけなく借金問題は解決すると感じました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

両国で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。